開会日
2016年5月23日
会議名
決算委員会
審議時間
約4時間38分

会議の経過

  決算委員会(第十一回)
   理事の補欠選任を行った。
   国家財政の経理及び国有財産の管理に関する調査のうち、会計検
   査院法第三十条の二の規定に基づく報告に関する件について河戸
   会計検査院長から説明を聴いた。
   平成二十六年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用
   調書(その1)(第百八十九回国会提出)(衆議院送付)
   平成二十六年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用
   調書(その2)(第百八十九回国会提出)(衆議院送付)
   平成二十六年度一般会計国庫債務負担行為総調書(その1)
    右三件について麻生財務大臣から説明を聴いた。
   平成二十六年度決算外二件及び昭和十九年度朝鮮総督府特別会計
   等歳入歳出決算及び昭和二十年度朝鮮総督府特別会計等歳入歳出
   決算並びに予備費関係等三件について安倍内閣総理大臣、岩城国
   務大臣、高市総務大臣、馳文部科学大臣、島尻内閣府特命担当大
   臣、岸田外務大臣、河野国務大臣、石井国土交通大臣、塩崎厚生
   労働大臣、麻生財務大臣、石破内閣府特命担当大臣、丸川国務大
   臣、森山農林水産大臣、河戸会計検査院長及び政府参考人に対し
   質疑を行い、討論の後、
   平成二十六年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用
   調書(その1)(第百八十九回国会提出)(衆議院送付)
   平成二十六年度一般会計予備費使用総調書及び各省各庁所管使用
   調書(その2)(第百八十九回国会提出)(衆議院送付)
    右両件をいずれも承諾を与えるべきものと議決し、
   平成二十六年度一般会計国庫債務負担行為総調書(その1)を是
   認すべきものと議決し、
   平成二十六年度一般会計歳入歳出決算、平成二十六年度特別会計
   歳入歳出決算、平成二十六年度国税収納金整理資金受払計算書、
   平成二十六年度政府関係機関決算書を議決し、平成二十六年度決
   算審査措置要求決議を行い、
   平成二十六年度国有財産増減及び現在額総計算書及び平成二十六
   年度国有財産無償貸付状況総計算書をいずれも是認すべきものと
   議決し、
   昭和十九年度朝鮮総督府特別会計等歳入歳出決算及び昭和二十年
   度朝鮮総督府特別会計等歳入歳出決算を是認すべきものと議決し、
   昭和十九年度朝鮮総督府特別会計等決算及び昭和二十年度朝鮮総
   督府特別会計等決算審査措置要求決議を行った後、
   高市総務大臣、岸田外務大臣、馳文部科学大臣、塩崎厚生労働大
   臣、森山農林水産大臣、石井国土交通大臣、丸川環境大臣、中谷
   防衛大臣、河野国家公安委員会委員長、石破内閣府特命担当大臣
   及び最高裁判所当局から発言があった。
   国家財政の経理及び国有財産の管理に関する調査のため、会計検
   査及びその結果の報告を求めることを決定した。

会議の最初から見る

発言者一覧